排気ユニット

VM シリーズ

VMR-050

アルバック機工

メカニカルブースタポンプ・油回転真空ポンプ・配管をコンパクトに一体化させた、小型の高真空排気装置です。
取扱いや保守点検が容易で実験用に最適です。

特長

  • 補助ポンプの排気速度が減少する圧力領域で、排気速度の大幅アップが可能です。
  • 設置スペースがコンパクトです。
  • 起動ボタンひとつで、大気圧から到達圧力まで一気に排気します。

仕様

型  式
VMR-050
到達圧力
4.0×10-2Pa
メインポンプ
メカニカルブースタポンプ 833 L/min ( at 100Pa )
補助ポンプ
油回転真空ポンプ 200 L/min
吸気口
VG-40
質量
42kg
最大寸法 
100V系 241.4mm(W)×532mm(D)×399mm(H)
200V系 241.4mm(W)×581mm(D)×399mm(H)


ユーティリティ

型  式 VMR-050
所要電気量
単相 100~120V/200~240V 1.5kVA
アース端子
D種 (接地抵抗値/100MΩ以下)
取り合い
100V系 : ビニルキャプタイヤケーブル(プラグ付) 1.8m
200V系 :ビニルキャプタイヤケーブル(先バラ) 1.8m

寸法図

zu_vmr050.gif

> CADデータダウンロード(DXF)

排気系統図

zu_vmr_haiki.gif

オプショナルパーツ

zu_vmr050_op.gif

> オプショナルパーツサイトへ

この製品に関するお問い合わせ

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました