アルバック・クライオ株式会社紹介

"超"を事業の柱としています。

アルバック・クライオ株式会社は、日本真空技術株式会社(現、株式会社アルバック)と米国へリックステクノロジー社(現、Brooks Automation,Inc)CTIクライオジェニックス事業部の合弁会社として、先ずは超高真空を作り出すのに不可欠なクライオポンプの製造・販売を事業の軸としてスタートしました。

当社のクライオポンプは、日本と周辺諸国で圧倒的なシェアを維持・継続しています。その貢献分野も半導体、電子機器、自動車、原子力、宇宙などの研究開発部門から製造部門まで幅広い分野にわたっています。

さらに近年、超・極低温冷却装置や極低温冷凍機などの低温機器を新しく加え、分析機器や医療などの先進技術分野への各種サポート事業にも挑戦しています。このようにアルバック・クライオ株式会社は超高真空と超低温のまさに"超"を事業の柱としている企業です。

事業内容

クライオポンプ及び極低温利用の真空ポンプの製造、組立、販売、サービス並びにこれらの輸出入。低温機器、低温装置に使用される装置、機器、部品の製造、組立、販売、サービス、並びにこれらの輸出入

アルバック・クライオ株式会社(ULVAC CRYOGENICS INCORPORATED)

〒253-0085 神奈川県茅ヶ崎市矢畑1222-1

TEL: 0467-85-8884 FAX: 0467-85-9356

https://www.ulvac-cryo.com/

ULVAC SHOWCASEとは

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました