真空ポンプの基礎知識

オイルミストトラップ ( オイル回収機能 ) とは

油回転真空ポンプは、構造上、起動時や排気過程で排気されるガスとポンプの油が油煙や油滴となって排出されます。アルバック社製オイルミストトラップ(TM,TMXシリーズ)をご使用になると室内の設備、雰囲気をこのような油滴や油煙で汚すことなく清浄な環境で作業していただけます。

オイルミストトラップの構造と役割

オイルミストトラップは、ロータリーポンプの排気口(出口側)に取り付け、排出空気に同伴されるポンプ油の油煙を90%程度取り除く濾過フィルタです。 油煙はフィルタで捕集されることにより元の液体油の状態になり、油はポンプのオイルタンクに戻ります。

zu_oil-mist-control.gif

オイルミストトラップ、真空ポンプは、耐圧構造になっていません。 オイルミストトラップの内部に使用しているフィルタエレメントが目詰まりした状態のままで使用を続けると、内部の圧力が上昇し、オイルミストトラップが破裂する恐れがあります。 使用しているフィルタエレメントは、油が酸化することにより目詰まりを起こしやすくなります。また、固形物やポンプ油の劣化を促進する気体を吸入する場合は、目詰まりの頻度が更に高くなります。安全にご使用いただくためにもオイルミストトラップ内部圧力の管理を十分に行い、内部圧力が0.03MPa (G) 以下でご使用くださいますようお願いします。 なお、図1のように圧力計を取り付ける事によって内部圧力を管理する事が可能です。圧力計はオプションで用意しています。詳細は、オイルミストトラップの取扱説明書を今一度ご確認くださいますようお願いいたします。

zu_oil-mist-control_02.gif

図1:圧力計をオイルタンクに取り付けた場合

HOW TO

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました