トラブルシューティング

トラブルシューティング

クライオポンプは信頼性が高く、長期間の連続運転が可能なように設計、製作されています。 故障することもあり得るため簡単な故障については、故障診断と対策・応急処置については知っておくことが必要です。

クライオポンプの使用台数が多く、1台でも停止すると大きな影響がでる装置の場合は、安全のため予備機を持つことを推奨します。

クライオポンプの故障診断の詳細は各取扱説明書に載っていますが、ここではトラブル例と、その応急処置方法について簡単に説明いたします。
(注記)いずれのトラブルでも、対処ができない場合は、弊社または最寄りのサービスセンターに連絡して下さい。

■トラブル例[1] クライオポンプの引きが悪い。

trou01.gif

trou01-1.gif

trou01-2.gif

■トラブル例[2] ヘリウム圧が低下する。

trou02.gif

trou02-1.gif

■トラブル例[3] クライオポンプの冷却時間が長い、又は冷却時間が長くなった。

trou03.gif

trou03-1.gif

trou03-2.gif

trou03-3.gif

■トラブル例[4] クライオポンプの異常音・異常振動。

trou04.gif

trou04-1.gif

trou04-2.gif

trou04-3.gif

trou04-4.gif

HOW TO

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました