リークディテクタの基礎知識

複合分子ポンプの回転数

HELIOTをご使用後、電源を落とすため停止させる際に、毎回内蔵複合分子ポンプの回転状況が表示され、表示が消えるまでHELIOTを動かしてはいけない事を不思議に思っている方もいらっしゃると思います。
これは真空排気するために複合分子ポンプ内部では回転翼を内壁ギリギリにものすごいスピードで回転させているためです。

その回転数は90,000rpmです。これは1分間に90,000回転しているということです。
なんと1秒間に1,500回転しています!!
自動車エンジンの回転数と比較すると、10倍以上の数値です。


複合分子ポンプの回転中、HELIOTを動かしてはいけない理由

高速回転の状態で外からの衝撃や移動による揚力がかかると、内壁に回転翼が接触してしまい、回転翼の破損につながります。
このような高速回転ができる精密な部品は、壊れた際の修理代や部品代が高額になってしまいます。

取扱いにはご注意ください。

HOW TO

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました