リークディテクタの基礎知識

HELIOTの初代シリーズであるHELIOT300シリーズは1995年に発売されました。

そう、HELIOT"300"シリーズです。なぜ、100ではなく、300が初代となったのでしょうか。
この背景には、ヘリウムリークディテクタ開発責任者の開発構想が関係しています。

彼は、奇数でシリーズ構成を発想していました。100シリーズを"大漏れ測定モデル"、300シリーズを"標準モデル"、500シリーズを"ハイエンド高感度モデル"として構想していたのです。

開発から販売に至り、まずは標準モデルから市場に乗り出したため、アルバックのヘリウムリークディテクタ、HELIOTは300シリーズが原点となりました。

HOW TO

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました