リークディテクタの基礎知識

スニッファプローブの選定方法

HELIOTは、スニッファユニットをオプションで用意いただければ、スニッファ法でのリークテストが可能です。

初代の300シリーズから2種類のスニッファユニットをラインナップしています。
スニッファプローブタイプとブースターユニットタイプです。


タイプによる簡単な違いは下の表をご覧ください。

スニッファユニット タイプ表

オプションタイプ 方式 最小可検リーク量 最大可検リーク量 特徴
スニッファプローブタイプ
(HELIOT900のオプション型式:AS9)
大気~真空 差圧吸引 E-9(Pa・m3/s) E-3(Pa・m3/s) ・最小可検リーク量が小さいので小さい漏れ測定が可能
・差圧吸引なので吸引量が少ない
ブースターユニットタイプ
(HELIOT900のオプション型式:BS9)
ブースターポンプによる差動排気 E-7(Pa・m3/s) E-2(Pa・m3/s) ・最小可検リーク量が大きいので小さな漏れ試験は比較的不向き
・差動吸引なので吸引量が多い

どちらを購入するべきか検討されている場合は、スニッファ法でリークテストしたいものや状況、測定したい流量などで選択してみてください。
もし迷うようであればお気軽にお問い合わせください。

HOW TO

このサイトでは、お客様の利便性や利用状況の把握などのためにCookieを使用してアクセスデータを取得・利用しています。Cookieの使用に同意する場合は、
「同意しました」をクリックしてください。「個人情報保護方針」「Cookie Policy」をご確認ください。

同意しました